2020年06月19日

インスタグラムへ

こんにちは、店長です。
ブログが放置気味になっていますが、元気に過ごしております。


さて、ブログの更新は一旦やめて、今後はインスタグラムでの公開といたします。
施工現場からでもリアルタイムに更新できたりするので、いち早く現場の状況をお伝えできるのでは?という考えに至ったためです。
まぁ、かといってそんなに現場から更新する事はないんですけどね(笑)

というわけで、あらためて


@mizunokensetsu_official


をフォローおねがいしまーす!
それでは。
posted by 水野 at 16:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月08日

春になってました

こんにちは、店長です。
ここ数か月間のコロナウィルス関連の話題で気分も暗くなってきたので一時的に更新を見送っていましたが、元気に過ごしています。

新築物件もスタートし、気密測定も行っています。
今回は…0.3cm2/m2でした。
片引き戸の玄関と引違い戸が通常よりも多かったのが原因かなー…0.2台までなんとか粘りたかったですが、無理でした(笑)

さて、福岡県も非常事態宣言が出されました。
不要不急の外出を控えて過ごしましょう。
紙製品なども、買いだめさえしなければ十分に手元に行きわたります。


友人の経営する居酒屋も大変そうですが、テイクアウトもやっているのでそっちで支援していこうかと思ってます。

そして一番は、うがいと手洗いをしっかりと。
僕は石鹸付けて20秒以上、水洗いで20秒以上を外から戻るたびに毎回やってます。
コロナ以外でもインフルエンザにも有効ですし、マスクよりも心がけるべき事案だと考えています。

sDSC_1576.jpg

近所の公園で散歩ついでに一枚。
桜はまた来年も咲きます、来年はゆっくり花見をしながら見よう!
posted by 水野 at 17:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月08日

健康寿命と断熱の関係

こんにちは、店長です。
今冬は雪はもう降らないのかもしれません、それぐらい暖かい日が続いています。
日本だけなのかなと思っていたら、週末ラリーが開催されるスウェーデンも暖冬の影響で雪がほぼないとの事。
一時期は中止も検討されていましたが無事開催されるそうです。
モータースポーツの世界にも暖冬が影響するとは思いませんでしたが、雪のないラリースウェーデンはつまらなさそうですよね(笑)


先日、【健康長寿を実現する住まいづくり】というテーマで講習会がありました。
簡単に説明しますと…

夏の湿気を逃がすので冬が寒いのは当たり前、数十年前に家を建てた方々はこういった認識がほとんどでしょう。
そのため【こたつ】の様な局所暖房を使う人は、座位行動が多く認知機能や筋力の低下がみられるとの実験結果があるそうです。
室温が寒い → 座っている時間が長い ために、動かずにじっとしてしまうことが要因のようです。
住宅の断熱化を図り、じっとしている時間を減らして健康寿命を延ばしましょう!というのが今回のテーマの一つでした。
他にも、高血圧のリスク低減や相対的に医療費も減るんですよと言ったこともお話しされてましたが、今回は割愛します。


交通事故よりも、住宅内でヒートショックで亡くなる方の方が多いという事実。
既存住宅の高断熱化はもちろんのこと、居座る生活スタイルから脱却することも、健康寿命を延ばすには大切な事です。
住宅の高断熱化(新築に至っては高気密も)はリフォーム事業において大きな課題ですね。


sDSC_1471.jpg

お客様からチョコレートをいただきました!
何事?と思いましたが、そうか…アレか、もうそんな時期なんだ(笑)
posted by 水野 at 15:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月20日

樹脂サッシの話

こんにちは、店長です。
今季は予報どうり暖冬でしょうね、雪がいまだに降りません。
毎年積もってくれた方が遊びがいがあるので、積もってほしいものです(笑)
こんなに暖かいと、桜が間違えて咲くんじゃ?と思ってしまいますね。


樹脂はアルミに比べて熱伝導率が1/1000と、熱が伝わりにくい物質です。
一般的な鍋の取っ手が樹脂でできていることでも体感できると思います。
熱が伝わりにくいため、樹脂サッシ結露を起こしにくいのです。
とはいえ、絶対に結露しないわけではありません。
例えば引違い窓の召し合わせの下部など。

sDSC_1385.jpg
※トリプルガラスの樹脂サッシ+Low-Eアルゴンガス

引き違い窓は、縦辷り出し窓やドレーキップなどに比べて気密に若干劣るため、結露する事が稀にあります。
そのため、冬季の雨の日に室内を加湿していると、写真の様に部分的に結露する事もあります。
ですが、結露するのはこの部分ぐらい、すぐに乾きますよ。

高性能な住宅に住むと、窓を開けることがかなり減ると思います。
そうなると、将来的に網戸も必要なくなって引き違い窓も減ってくるのかな?
と最近は感じています。
posted by 水野 at 16:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月06日

頻尿が減る家の話

明けましておめでとうございます、店長です。
長い連休はどう過ごされましたか?
年末は大掃除と立て続けに入れていた忘年会、年明けて三社詣り、親戚回りと家でゆっくりとはなかなかできませんでした…
いやー、疲れた(笑)


新年早々、面白い記事を見つけました。
寒い部屋で暮らすと、なぜトイレが近くなるのか?を産業医科大学や北九州大学などの研究グループが発表したそうです。
その結果がコチラ ↓ ↓


室温2.5度上げれば頻尿4割減 産業医大などの調査で証明

冬の就寝前に室温を2.5度以上高くすると、過活動膀胱の有病率の減少や血圧低下の効果もあるそうです。
最期の方にも書かれていますが、これには住宅の高気密化・高断熱化が必要です。
これには昔の様に通風を良くして寒さを我慢する日本人の意識を変える必要もあります。
夏向きの家よりも、冬暖かく過ごせる家を考えないといけません。
イギリスでは室温の最低気温が法律で定められていますし、世界保健機関も冬季の最低室温を18度以上とするように勧告が出されています。

実は九州の家は北海道の家より寒いんです。
高気密・高断熱と謳う住宅会社は多いです。
しっかりと見極めて建てることが必要です!


sDSC_1347.jpg

散歩がてら近所の神社まで参拝へ。
本年もよろしくお願いします。
posted by 水野 at 15:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする