2020年01月20日

樹脂サッシの話

こんにちは、店長です。
今季は予報どうり暖冬でしょうね、雪がいまだに降りません。
毎年積もってくれた方が遊びがいがあるので、積もってほしいものです(笑)
こんなに暖かいと、桜が間違えて咲くんじゃ?と思ってしまいますね。


樹脂はアルミに比べて熱伝導率が1/1000と、熱が伝わりにくい物質です。
一般的な鍋の取っ手が樹脂でできていることでも体感できると思います。
熱が伝わりにくいため、樹脂サッシ結露を起こしにくいのです。
とはいえ、絶対に結露しないわけではありません。
例えば引違い窓の召し合わせの下部など。

sDSC_1385.jpg
※トリプルガラスの樹脂サッシ+Low-Eアルゴンガス

引き違い窓は、縦辷り出し窓やドレーキップなどに比べて気密に若干劣るため、結露する事が稀にあります。
そのため、冬季の雨の日に室内を加湿していると、写真の様に部分的に結露する事もあります。
ですが、結露するのはこの部分ぐらい、すぐに乾きますよ。

高性能な住宅に住むと、窓を開けることがかなり減ると思います。
そうなると、将来的に網戸も必要なくなって引き違い窓も減ってくるのかな?
と最近は感じています。


posted by 水野 at 16:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。